学生時代。


「やりたいこと」

「夢」


何もなかった・・・






それに気づいてはいたけど、



探そうともせず



ただ自分を見つめるのが恐かった・・・








気がつけば、周りにあわせて就職活動




なんとか内定。






順調なサラリーマン生活



ずっと続いた。








漠然とした不安はあった



でも前向きな気持ちも芽生え始めていた




 

今のままでは何かが足りない



心がそう言っていた。









 

 

本を読んだ
 

ネットで調べた


週末起業にチャレンジしようとした







そして何度も挫折した。



 



 



悩みを相談できたり、情報交換したり、身近にいたらどんだけ励みになるだろうか・・・



きっと同じような想いの人はきっといるはず、






周りの仕事仲間や友人には相談しにくい、



そもそも自分が好きで何かやろうとしてるのだから、



独りでやるしかないか・・・








そんな時、



ふと、思った。



それはいつものように喫茶店でPC片手に本を読んでいる時だった。






あそこの席で同じように本を読んでるあの人は?





このPCの向こう側にはたくさんいる?



そもそも自分が知らないだけ?





でも自分からなんてアクションする??





う〜ん、





自分自身のやりたいことが明確でなければ、




相手に想いを伝えることはできないし、




魅力ある人間でもないんだ・・・




 

でも待てよ、




そうだ!





そういう人が集まる場所がなければ、




自分で作ればいいんだ!





そこに人が集まって相談したり、協力したり、話し合える。




そんな前提、コンセプトがあるようなお店。




それだ!!

 


 
 


・・・・・







それがカフェなのか、バーなのかは明確ではなかった。





ただこの変わらない現状から





抜け出したかっただけなのかもしれない。







 

 

たとえそうだとしても、もう心は決まった。




自分でそういうお店を持って、それに共感してもらえる人達が集まる場所を作ろうと。

 

 


 

そして、



ついに決断しようと、




6年間勤めた会社の退職を





・・・続く